腰痛を根本改善したいなら那須塩原市の整体院山本

090-1797-3736

【完全予約制】9時〜21時(不定休)

腰痛改善ブログ

2021/06/29(火)

心理社会的要因で起こる腰痛の特徴とは?〜その2〜

慢性腰痛, 院長ブログ, 非特異的腰痛

 

 

 

こんにちは!

那須塩原で唯一の

「慢性腰痛」専門整体院 山本の

山本知秀です。

 

このブログでは、長年の「慢性腰痛」でお悩みのあなたに、

「慢性腰痛」改善のためのヒントやアイディアをお伝えしていこうと思います。

ぜひ宜しくお願い致します。

 

 

非特異的腰痛の二つの要因として、

「腰への負担(人間工学的要因)」と、

「ストレスなどの心理社会的要因」がありました。

今回はこの

「ストレスなどの心理社会的要因」が引き金となって起こる腰痛の特徴について

二つ目の特徴を書いていきたいと思います。

特徴は、

「頭痛、首の痛み、肩こりなど腰以外にも複数の不具合を抱えている」

です!

以前のブログで、

心理社会的要因で起こる非特異的腰痛は、

心理的ストレスなどによって脳機能の不具合が起こっている状態、

というお話をしました。

そして、脳機能の不具合が起こると、

腰痛だけではなく、身体のあちこちに痛みやハリを同時に抱えている場合が多いです。

これを「身体化徴候」と言います。

この「身体化徴候」についても、

詳細は次回に書きたいと思いますが、

「ストレスなどの心理社会的要因」が引き金となって起こる腰痛の特徴として、

「頭痛、首の痛み、肩こりなど腰以外にも複数の不具合を抱えている」

という特徴がありますので、

なかなかよくならない腰痛、

原因がよく分からない腰痛でお困りの方は、

こちらも確認していただけたらと思います。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

整体院 山本

山本 知秀

今すぐ腰痛を改善する