腰痛を根本改善したいなら那須塩原市の整体院山本

090-1797-3736

【完全予約制】9時〜21時(不定休)

腰痛改善ブログ

2021/08/04(水)

「腰への負担」が主な要因の非特異的腰痛対策について~その3~

ぎっくり腰, 慢性腰痛, 腰痛, 院長ブログ, 非特異的腰痛

 

 

 

こんにちは!

那須塩原で唯一の

「慢性腰痛」専門整体院 山本の

山本知秀です。

 

「腰への負担」が主な要因の非特異的腰痛対策について~その3~では、

「ぎっくり腰」予防に重要な

『パワーポジション』についてご紹介します。

 

何か物を持つなど力のかかる動きをする時の正しい姿勢のことを、

『パワーポジション』と言います。

 

瞬間的に腰(腰椎)などに負担がかかるのを防ぐ姿勢になります。

 

そもそも、腰が余計に動きすぎないように

腰以外の部分(股関節や肩甲骨など)を柔軟にしておくことが最も大切ですが、

何か重いものを持ち上げたりする時に姿勢に気を付けることで、

腰にかかる負担を軽減することができます。

 

 

特にこのような姿勢で物を持ち上げると

腰を痛める可能性が高まります。

 

腰も背中も丸まっており、

見るからに股関節も肩甲骨も

ロックした状態(固まっている状態)となっています。

 

では、実際に「パワーポジション」の取り方

についてご説明します。

 

<パワーポジション>

①両手の中指を肩に当て、

   肘を後ろに引くように胸を張る

②背中や腰を丸めないようにして、

   お尻を後ろに突き出しながら

   上半身を少し前に傾ける。

 (膝は適度に曲げる)

③この姿勢を保ちながら、物を持ち上げる。

 

※床にある物を持ち上げる時にはさらに、

  ①膝を曲げて腰を落とし、

     荷物を身体に近づける。

  ②パワーポジションを意識しながら、

     できるだけ身体の近くで持ち上げる

  を意識します。

 

※バレーボールの選手がレシーブする時の姿勢をイメージすると分かりやすいです。

 

今回はぎっくり腰予防という観点でお話ししましたが、

実はこの姿勢はスポーツ選手やアスリートなどで

パフォーマンスアップのために活用されている姿勢でもあります。

 

有名な選手では、横綱白鵬関や元大リーガーのイチロー選手などの姿勢は、

このパワーポジションが自然な動きの中で体現されています。

 

今回は、腰痛予防という意味でも『パワーポジション』を知ってもらい、

普段の生活で活用していただくことをおすすめします。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

那須塩原

整体院 山本

山本 知秀

 

今すぐぎっくり腰を改善する