腰痛を根本改善したいなら那須塩原市の整体院山本

090-1797-3736

【完全予約制】9時〜21時(不定休)

腰痛改善ブログ

2021/06/11(金)

腰痛に画像検査は必要ない??

慢性腰痛, 腰痛, 院長ブログ, 非特異的腰痛

 

 

 

「画像検査は特異的腰痛の確定診断には必要です。」

ですが、検査の結果、

「特異的腰痛ではないということが分かったのであれば、

画像検査の結果はあまり気にしないほうがいいです。」

こんにちは!

那須塩原で唯一の

「慢性腰痛」専門整体院 山本の

山本知秀です。

 

このブログでは、長年の「慢性腰痛」でお悩みのあなたに、

「慢性腰痛」改善のためのヒントやアイディアをお伝えしていこうと思います。

ぜひ宜しくお願い致します。

前回のブログでも書きましたが、

非特異的腰痛の場合、

画像検査の結果と腰痛の症状との関連はほとんどありません。

さらに、医師から

「椎間板がすごく減っている」

「骨の変形が強い」

「骨がずれている」

「狭窄がある」

などとネガティブな説明を受けることで、

かえって症状が治りづらくなる可能性があります。

このような自身の腰に対してネガティブなイメージを持つことで、

必要以上に腰痛に対する不安や悲観的、破局的な考えを強めてしまい、

身体を動かすことへの恐怖感を強めてしまいます。

これを「恐怖回避思考」と言います。

この「恐怖回避思考」が強くなると、

必要以上に腰をかばってしまい、

「腰痛があるから」と身体を動かさなくなってしまいます。

身体を動かさなくなると、

動いてほしいところ(股関節や肩甲骨など)が動かなくなるので、

結果的に腰に負担がかかってしまい、

腰痛がさらに悪化していく、

そして慢性化していくことにつながります。

ということで、

腰痛が起こった場合、まずは医療機関を受診し、

必要であれば「特異的腰痛の確定診断のために画像検査をしてもらう」。

そして、検査の結果、

「特異的腰痛ではないということが分かったのであれば、

画像検査の結果はあまり気にしない。」ようにしましょう。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

整体院 山本

山本 知秀

今すぐ腰痛を改善する